Articles

中絶エッセイ

Posted by admin

哲学エッセイ–中絶の紹介人生は実際に始まるのはいつですか? 妊娠を終了させるのはいつですか? これらは、中絶の問題に対処するときに直面している道徳的ジレンマのいくつかです。 中絶は妊娠の終了です。 中絶の問題については、多くの異なる立場があります。 中絶について保守的な見解を持っている人にとって、妊娠中の女性の命を救うために必要な場合を除いて、中絶は決して受け入れられません。 これとは対照的に、リベラルな見解では、中絶は胎児の発達のあらゆる時点で、そして何らかの理由で常に倫理的に受け入れられると考えています。 最後に、中程度のビューを保持している真ん中のものがあります。 彼らは、中絶は胎児の発達の特定の時点まで倫理的に許容され、いくつかの理由が許容されると信じています。 メアリー・アン・ウォーレンの中絶に対する議論メアリー・アン・ウォーレンの中絶に対する立場は、リベラルなものである。 彼女の記事では、中絶の道徳的および法的地位について、彼女は”と結論づけている。..a!
彼女の健康、幸福、自由、さらには彼女の人生を守るための女性の権利は、望ましくない妊娠を終了することによって、常に胎児に帰するのが適切であ”(pg.16,Mappes)ウォーレンは、胎児は道徳的な特徴を持つ完全に発達した人ではないので、中絶は許可されると考えています。 彼女は、人間とみなされるためには、5つの特性を満たさなければならないと主張しています。 これらの5つの特徴は次のとおりです: 1意識(存在の外部および/または内部のオブジェクトおよびイベントの)、特に痛みを感じる能力:2推論(新しく、比較的複雑な問題を解決するために開..

Related Post